わたしだけが死ぬことができる

あらゆる人が安心して生きる事ができるようにするのは社会の責任だが、 わたしが安心して 死ぬ事ができるようにするのはわたしの責任だ。わたしだけが、死ぬ事ができるのだから。 わたしだけが死ぬ事ができる。こんな安心は他に無い。だけれども多くの人はわたしだけは死ぬ事は無いと 思っている。そんな「わたし」達が、死に愛想尽かされた「わたし」など砂のない砂時計のようなものだ。









 

魔神臓