border="0"
    
    
眠りはあなたを独占する
わたしは眠りに嫉妬する
わたしは羨望の眼差しであなたの眠りを見つめる
眠りはあなたに花を咲かす
眠るあなたは花が咲いていることに気づかない
咲く花に気付くことができるのは、
羨望で焼かれて眠れないわたしだけ
羨望もまた、あなたとわたしをつなぐ愛しい火

border="0"
    
    
わたし、わたし、わたし、わたし、わたし、わたし、
わたしが太陽を歪め、隠し、無かったことにする。
まぶしいものはうとましい。
太陽はかつてわたしが見捨てたわたし自身のまぶしさそのもの。
太陽はひとつのわたし
ばらばらのわたしは、わたしわたしわたしの影に隠れ合う。
惨めに目を下にやる。

border="0"
    
    
お姫様であることに現をぬかす時
月はあなたを喰いに来る。
月はあなたに絡みつき、あなたは月の影になる。
お姫様はもうそこにはいない。
月はあなたを刺し、痛みとともに、あなたは女神だった事を思い出す。
女神はいつも、深い苦悩と、憂鬱とともに立ち現れる。
鬱もまた、月の恵み。

border="0"
    
    
祈るあなたは老婆のように咲く
あなたは月を編むように祈る
星を編みこむように祈る
その生命を宇宙に編み込むように祈る
祈りを咲かすために、
枯れるあなたはいとうつくしい
咲く花も、枯れる花も、
愛しいあなた

border="0"
    
    
祈るほどに
その身体は枯れ
こころは萎れ
夜露のような涙だけが宇宙を濡らす
生命は赤く赤く
あなたは祈りとして咲く
あなたを暗くするものは
もうどこにもいない

border="0"